01. EFCとは

2007年2月、ユニセフのイノチェンティ研究所がOECD加盟国の子どもや若者を取り巻く状況に関する研究報告書を発表した。

この報告書では、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査についても発表されている。
この報告書によると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25カ国29.8%と、ずば抜けて高かった。
日本に続くのはアイスランド(10.3%)とポーランド(8.4%)とのこと。

一方で、子どもの幸福度(WELL-BEING)が最も高い国はオランダ。
2位はスウェーデン。3位はデンマーク。4位はフィンランド。5位はスペイン。

なぜオランダの子どもたちは、幸福を感じているんだろう。
日本の子どもたちと何が違うのだろうか。
well-being(善く在る状態)をオランダの子どもたちは日常のどのような場面から感じ取っているのだろうか。

教育の仕組み、国の成り立ち、大切にされていること、価値観。
いろいろなものの積み重ねが幸せを生み出しているであろうことは、おぼろげながら掴めてくる。

オランダでは一部の学校でイエナプラン教育が実践されている。
従来の「教育技術(メソッド)」ではなく、イエナプランは「やり方」ではなく「コンセプト」が重要視されている。 教師の自由度を奪わずに、高度な専門性の上に確立されたメソッドではなく、教授法でもない、学びのコンセプトである。

ドイツで約90年前に生まれたイエナプランは、ヨーロッパを巡りオランダで緩やかに磨かれていった。
そして、オランダで50年の時間をかけて磨かれてきたイエナプランの実践は、実にたくさんの事柄を示唆してくれる。

イエナプランのコンセプトの元において、職員室は「チームメンバーが集まる場」として扱われる。
職員室はチームであり、そこで教育を営む者は独立した個人である事が尊重される。

イエナプランがオランダという国で取り上げられた背景、日本という国が今置かれている状況や課題、これからの私たちが取り組むべき事柄へのヒントが、これからの我々の取組の中にあると思う。
急激な環境変化に戸惑う日本に暮らす我々は、複雑な問題と関係性が希薄になってしまったコミュニティの中で教育を営まざるを得ない状況に置かれている。
この環境の中で、国家としてのシステムは平成20年の政権交代後、トップダウンのシステムから市民が参画する「新しい公共」というポスト民主主義の流れにある。

中枢からの大きな修正を加えなければ変革が生まれない、という幻想はもう捨てよう。
教育の主体は国家にあるのではなく、我々一人ひとりの手の中にあるはずだ。

そして、教育は「学校」だけのものではない。
未だかつてない教育における危機への解決の鍵となるのが、問題解決の「場」であるEducational Future Center(EFC)である。

EFCは、単なる情報交換や知識のアーカイブ空間としての場ではない。
EFCに集まる多様な人々が、様々な知見と実践のもとに確立された方法論に則って対話を進め、「集合知」を束ねていくことで、トップダウンや一部のリーダーの意思決定に頼らず、解決策を自分たちで探っていくための「対話と創造の場」だ。

22世紀の子どもたちに何を残すか、どんなギフトを次世代に渡すことができるかを課題に、EFCの設立をここに宣言する。

平成22年4月1日

このページの先頭へ